ホーム › ごあいさつ

ごあいさつ

ブログ

QRコード

携帯のバーコードリーダーで
QRコードを読み取ることで、
携帯版ホームページへ
アクセスできます。

思春期ブルー相談室について

『思春期ブルー相談室』代表の海野しぶきです。

一人娘が中学1年の時に発達障害ADHDと判明し、その1年後には不登校、ひきこもりがスタートしました。

赤ちゃんの頃から育てにくさを感じ、苦労の連続の子育てでしたが、中学になって登校しぶりが始まると、いよいよこれまで自分には関係ないと思っていた世界に入り込んだことを感じ、真っ暗なトンネルに迷い込んだような気持ちでした。

いったいどうやって抜け出したらいいのだろうと、苦悩の日々が始まりました。

ひきこもる娘と一緒にずっと同じ家の中にいて、不登校を解決するためのヒントはないかとネットを検索する毎日。

不登校やひきこもりの情報は見つかるのですが、なかなか「これだ!」とピンとくるヒントには出会えず、ただ闇雲にさまよっているような感じでした。

私が求めていたのは、言うなれば「子どもを受容するための心の持って行きかた」でしたが、当時はそんなことすら言葉にすることができず、何を探しているのかわかっていない状態でした。

もがき苦しむ中、ようやく「これだ!」というヒントにたどり着けたのが、「SDKS+C」という実践的な手法です。

残念ながら2015年に逝去されたあいあいキッズクリニックの北島先生が『思春期ブルー研究所』というブログで提唱していた、「信じる・黙る・聴く・すべて任せる+母親自身の変わるため」という方法。

また、同時期に家族支援メンタルサポート協会の森先生が提唱する「ST気質」という概念にも出会えました。


どちらも、親が変われば子どもも変わってくることを教えてくれています。

私自身、この二つをベースに「親としての心持ち」がわかり、ようやくトンネルから抜け出ることができました。

『思春期ブルー相談室』の名称は、北島先生の教えをつなげていきたいという私の思いを込めて付けたものです。

北島先生には一度もお会いしたことがないのですが、私があの世へ帰ったら事後報告で許可を得たいと思います。

悔いなく生きるため、今の私には、私と同じように子どものことで悩んでいるお母さん方に、私の知るところすべてをお伝えするのができることだと思い、2017年にこの『思春期ブルー相談室』を立ち上げました。


どうぞよろしくお願いいたします。

 






お問い合わせ ページTOPへ戻る